つい先日、長年乗っていた愛車を売ってしまいました。売り

つい先日、長年乗っていた愛車を売ってしまいました。

売りに行ったときに取引をした業者から、売った車をその後WEBで販売する流れや売却の手続きに関する書類などの親切な説明を受けました。
大切にしてきた思い出深い車なので、次も大事にしてくれる方に売れればいいなと思い、しっかりと真剣に話を聞きました。自動車業界が考える標準的な年間走行距離は1万キロメートルです。但し、この数値はあくまで目安ですから、年式が旧型ならば一般的には年間走行距離は少し短くなるのです。

車売却の際にはできるだけ走行距離数が短い方が加点対象になります。そうは言っても、車も機械ですから定期的に動かさないとかえって何かしら不具合が生じやすいものなのです。走行距離数があまりにもその車の年式と釣り合わないと、車を査定するときに大幅にプラスにならないというのを覚えておくと良いかも知れません。車を売る場合には書類をたくさん用意することが必要になります。

中でも、自動車検査証、要は車検証は、とても大事な書類です。



あとは、自賠責保険証明書や自動車税納税証明書、印鑑証明書や譲渡証明書などの沢山ある書類を準備しておく必要があります。そのほかに、実印も必要となるので、きちんと用意しておきましょう。車を買い替えるときは、ディーラーに下取りに出す人が多いようです。
ディーラーは「下取り価格は、勉強させていただきます」と言いますが、本当に1社の言い値で良いのでしょうか。



手間かかるのはいやだなと思う気持ちも多少はあるかもしれませんが、車の車種や補修履歴などの状態によって、買取と下取り価格には大きな開きがあると思います。



私は二度目の買い替えのときは、買取業者にも見積りをお願いしてみたのですが、買取業者のほうが高かったんです。特に高額だった1社にきくと、ちょうどこの車を探しているお客さんがいるのだそうです。2つの業者のうち片方は現金買取りと言うのも魅力でした。


現金を持ってディーラーに行き、さっそく新車の頭金にあてました。


査定依頼してから支払いまでわずか5日です。このスピード感がいいですね。自動車を取引する場合、諸々の費用が発生するので留意しておきましょう。業者に車を買ってもらうにも、手数料支払いの義務があります。業者と打ち合わせる段階の時に、車の買取価格のみならず、生じる手数料の金額も事前にチェックしておきましょう。車の査定は、出張査定をお願いしても、基本的にはどこの業者も無料で行っていますが、ごく稀に有料という場合があります。

その時は査定料金としてではなく、出張した分の費用として請求される場合が多いです。
お金を取る業者が悪質な買取業者という訳ではありませんが、余計なお金を払わないためにも、なるべく無料のところを利用してください。



車の出張査定が無料であるかは、買取業者のホームページを見てみれば確かめることができます。



もしも、査定に関した情報が少なくて、その点の掲載がない場合には、電話を直接かけて確認をしましょう。
査定でお金がとられるのはもったいないことなので、面倒くさがらず事前に確認をしてください。


車の査定額を上げるためにも、特別な魅力点を持っている場合には、堂々と隠さずに好条件の交渉ポイントにしたいものです。

しかし、しつこすぎると、かえって逆効果になってしまうこともあるので注意したいところです。

他の方法としては、決算時期を狙ったり、一括査定サイトの利用という方法を使うと有利な査定額になるかもしれません。


中古車の買取業務を行っている会社は、一昔前に比べて増加しています。中古車を業者に買ってもらおうとする場合は、間違いなく契約を守るように気をつける必要があります。契約を覆すことは、大前提としてできないので、留意しなければなりません。


自分の車を売りに出すときの手順としては、はじめに一括査定をネットなどで申し込みましょう。

中古車買取業者によってこちらの情報を基に算出された査定額が出てきますから、その中で、査定額が高い業者や信頼することができそうな業者に車を実際に査定してもらいます。

査定の金額が満足いくものだったら、契約をして車を買い取ってもらいます。お金は後日に振り込まれる場合が多くあります。